北海道ぎょれん 北海道漁業組合連合会

北海道ぎょれんは全商品が送料無料で届けてくれます。北海道漁業組合連合会の北海道各地の浜からの産直になるのがほとんでですので、新鮮な海の幸を楽しむことができますよ。

 

北海道漁業組合連合会 全商品が送料無料

 

北海道の各浜から産地直送されるのが北海道ぎょれんのこだわりです。激安モノも良いのだけれど品質がちょっとね・・・という方も多いですよね。激安はどうしても品質にバラつきが出るのは仕方のないことですが、それを避けるならばもう少し財布の紐を緩めるしかありません。北海道ぎょれんから届けられる商品はカニをはじめとしてツーランクは上の商品ですので、美味しいズワイガニを食べたいならばオススメですよ。

 

生冷凍ずわいがにポーション 1kg
価格: 4,800円(税込)

 

北海道ぎょれん 通販はこちらから!>>>

 

カニ酢について

カニ酢というのは、手頃にできる料理なので、とても人気があります。カニの殻を包丁で捌き、出汁味の効いた酢を使うだけで簡単にできます。そしてそこに、蛇腹胡瓜や松もろ胡瓜、レモンなどを添えるだけです。カニ酢がおすすめなのは、とてもさっぱりしているからで、夏の時期などにはぴったりかもしれません。だから、定番の人気メニューのひとつになっているわけです。カニ酢を作る時に注意しなければならないのは、まず、軟骨を除いて、食べやすくするためよくほぐすことです。そして、キュウリは薄切りにして、塩をからめて、水気を絞ります。そして貝われ菜を用意して、根元を切り落として半分の長さにします。できれば土ショウガも用意しましょう、そして、土ショウガの皮をむいて、細切りにして水気を絞ります。色んな具を入れた方が、カニ酢はより美味しくできあがります。最後に、ボウルに、ワカメやキュウリ、貝われ菜、カニ足などを混ぜ合わせれば、美味しいカニ酢が出来上がります。とにかく、ちょっとした具材があれば、簡単にできるので、是非、作ってみましょう。

 

 

ズワイガニの美味しい食べ方とは

と書いてみたのですが、蟹の中で一番縁遠いというかありがたみがないのが私の場合はズワイガニなのかもしれません。というのはなんとなく缶詰用の蟹のイメージがあるのですよね。でも実はとても美味しいのですよね。

 

 

 

地域的なものなのか、蟹といえば毛ガニの習慣があるのですが、、、家族で北海道の道東を旅行したことがあったのです。オホーツクの紋別でかに食べ放題を食べたのですね。3種類の蟹が食べ放題で毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニの3種だったのです(おにぎりもついていました)。一人3500円だったかな〜、たしか。でもいざ食べ放題となるとそんなに食べられないものですね、けっこうお腹にたまるというのか。うん、思ったほど食べられませんでしたね〜

 

 

 

で、毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニの3つのうち、一番美味しいと思ったのは、実はズワイガニだったのですよね。それまでは馬鹿にしていたのですがね〜、まあはじめてズワイガニの浜茹でを食べたのですね。美味しくてちょっとびっくりしましたね。紋別のズワイガニが美味しいのかもしれませんがね。甘みがあり繊細で、自分の場合は毛ガニの味噌がちょっと苦手なので(磯臭い)、そういう理由もあるのかもしれません。紋別のズワイガニの脚も太くって、一般的なイメージの細い脚とは大違いだったので食べごたえもありましたね。うん、あの時のズワイガニは本当に美味しかったのです。

 

 

 

ということで本州では浜茹でやかに刺し、鍋などいろいろな食べ方があると思いますが、自分としては浜茹でが一番美味しいな〜という思い出がありますね〜。ズワイガニの本場と言えば北陸や関西方面なんでしょうかね。北海道ではたくさんズワイガニが穫れるのですがあまり食べないのですよね、習慣なのか、それとも毛ガニがあまりにも一般的になっているのか。